川崎で東海道三十三観音巡礼

tokaido3.jpg

巡礼で一番有名なものと言えば、四国八十八カ所に代表されるような弘法大師など高僧と深い係わりのある寺院を巡るお遍路ですが、特定の仏様が祀られている寺院の巡礼も数多くあります。

その代表的なものとして挙げられるのが観音巡りで、有名なものとしては「西国三十三観音」、「坂東三十三観音」、「秩父三十三観音」等があります。

これらは認知度が高いものですが、全国的に見るとこれらとは別に大小合わせ幾つもの三十三観音巡礼があり、現在も多くの人々によって巡礼されています。

その中で川崎が係わっているものと言えば「東海道三十三観音巡礼」です。

そのコースは横浜にある曹洞宗の大本山總持寺が1番札所で、最後の33番札所が全国でも有名な川崎の川崎大師です。

皆さん「東海地方でもないのに何で東海?」と不思議に思われるかもしれませんが、これは霊場が江戸時代の交通路・五街道の1つ東海道沿いにあるからなのです。

また、その範囲は東京都内と神奈川県内にまたがり、巡礼順も地理に関係なくバラバラになっています。

チョットまわり難い気もしますが、巡礼順は決められていないので気にすることはありません。

まずは近場から始めて、様子を見てから本格的に始めるのがおススメです。

それでは、東海道三十三観音巡礼をもっと楽しめるように、何故観音巡りが行われるようになったのか、その原因を探っていくことにしましょう。

観音様とは

tokaido1.jpg

観音様は正式には観世音菩薩と呼びます。

菩薩とは、如来になる為に修行中の仏様のことで、日本各地の道端やなどでよく見られる「お地蔵様」もこの菩薩の一尊です。

観世音の名称には次のような意味があります。

  • 「観」よく観る
  • 「世」世の中
  • 「音」人々の悩みや苦しみの声 

つまりは人々の救いの声を聞きつけて馳せ参じてくれる菩薩様という意味が込められているのです。

「観世音菩薩は無相であり、無我であるから宇宙のあらゆるところに縦横無尽」と法華経の中で説かれていますが、これは広く人々の声を聞くために、相手に応じて様々に変身し出現することができるということで、仏身や声聞神(声だけが聞こえる神)など33の姿に変身できるとされています。

現在残っている観音菩薩像に、聖観音、千手観音、十一面観音、如意輪観音様など様々な様相があるのもこれが理由なのです。

また観世音菩薩はもとは「正法明如来」という如来だったとも言われています。

如来のままでは、低い段階にいる人々を救うことができないのでわざわざ位を下げて菩薩になったのだそうです。

このように観音菩薩は観音様と呼ばれ、昔から人々の拠り所として多くのご利益が受けられる菩薩として厚い信仰を集めていたのです。

巡礼対象に観音菩薩が選ばれたのも納得がいきますよね。

三十三観音とは

tokaido2.jpg

次に三十三観音なのですが、何で「三十三」という数にこだわっているのでしょう?

全国的に巡礼を見ても西国三十三所、板東三十三所など多くのものがありますし、建物でいえば三十三間堂、他に、後白河法皇は熊野詣した回数が33回と、この数字は昔の人にとってはかなり意味を持つ数字だったことが分かります。
なぜこれほどまでに?と思ってしまいますが、これに大きく係わっているとされるのが、先ほど紹介した観世音菩薩です。

法華経の中で、観世音菩薩は自由に姿を変えることができ、その姿は33にも及ぶとあり、西国三十三所観音霊場、三十三間堂の33という数字はこれに由来していると言われています。

しかし、この33はこれだけでなく、古くは古代インドの神話にまで遡ります。

神話によると、世界には天界・空界・地界があり、各界に神様が十一神ずつ存在したそうです。

つまり合計で三十三神というわけです。

この話は当然仏教にも引き継がれることになります。

このようにして、仏教の中古代インド神の逸話が観世音菩薩を通して語られることとなったのです。

それでは最後に観世音菩薩が姿を変えた33の観音菩薩を紹介しておきましょう。

  • 楊柳観音 楊柳の枝を持つ
  • 龍頭観音 雲中の龍の背中に乗る
  • 持経観音 手に経を持って岩座に座座る
  • 円光観音 岩座に座り合掌する
  • 遊戯観音 雲に乗り、左ひざを立てる
  • 白衣観音 白い布をまとう
  • 蓮臥観音 蓮華に座り合掌する
  • 滝見観音 断崖に座り滝を見る
  • 施薬観音 右手を頬に当てて岩座に座る
  • 魚籃観音 手に魚籠を持つ、大きな魚に乗る 
  • 徳王観音 杖を持って岩座に座る
  • 水月観音 蓮華の上に立ち月を見る
  • 一葉観音 蓮華に座り左ひざを立てる
  • 青頸観音 岩座に座り右手をひざに立てる
  • 威徳観音 蓮華を持ち岩の上から水面を見る
  • 延命観音  岩にひざをつく
  • 衆宝観音  右手を地に付ける
  • 岩戸観音  毒蛇の住む岩戸に座る
  • 能静観音  海辺の岩に座り、手を岩にあてる
  • 阿耨観音  岩座に座り滝を見る
  • 阿摩堤観音 手に魚と果実を持って獅子に乗る
  • 葉衣観音  勇敢な姿をして岩座に座る
  • 瑠璃観音  香炉と水上の蓮華を持つ
  • 多羅尊観音 たらそん 雲の上に立つ
  • 蛤蜊観音  ハマグリの前に座る
  • 六時観音  経典を持つ
  • 普悲観音  両手を隠し山上に立つ
  • 馬郎婦観音 婦女の姿で法華経と頭蓋骨を持つ
  • 合掌観音  蓮華の上に立ち合掌する
  • 一如観音  雷を征服するように雲に乗る
  • 不二観音  上の蓮華に立つ
  • 持蓮観音  蓮華の茎を持つ
  • 灑水観音  杖、灑水器を持つ

この様に多くの姿があるのですが、インドの有名な観音様もいれば、中国の観音様など、観音様の位も様々であまり有名でない観音様も含まれています。

数を埋めるために、とにかくありったけの観世音菩薩を集めた感がしないではありませんが、これだけの姿があるとされています。

それでは川崎で東海道三十三観音巡礼ができる寺院を紹介していくことにしましょう。

1.天台宗 遍照寺

創建時期は定かではありませんが、全266巻からなる武蔵国の地誌「新編武蔵風土記稿」が編纂された1830年の江戸時代末期に遍照寺の住職が74代目との記述があることから、この地の古刹であったことが推察されます。
境内には本尊である阿弥陀如来像を安置する本堂以外の諸堂はありませんが、願掛け地蔵尊があり、昔からこの地の庶民から信仰を集めていました。
毎月第1土曜日の午前10から経会が行われており、今日も多くの人たちにした親しまれる布教を行っています。
場所は川崎大師の南西2km程のところにあり、門前の「中島八幡神社」と広い敷地あ目印です。

東海三十三観音3番霊場 
神奈川県川崎市川崎区中島町2-12

2.真言宗 真観寺

3番霊場「遍照寺」から南へ1kmほど進んだところにあり、大島第4公園の北側で門前には新川通りが走っています。
時期になれば大島第4公園にコデマリの群生が綺麗に咲くので必見。
玉川八十八カ所2番と東国八十八カ所3番の札所でもあります。

東海三十三観音4番霊場 
神奈川県川崎市川崎区大島2-10 
詳しくは川崎で新四国八十八ヵ所巡礼のページをご参照ください。

3.真言宗 成就院

4番霊場「真観寺」から西へ1.5km程のところにあり、山門の両側の白壁が目を引き、門前には向町公園があります。
また、本堂右手の池の周囲に咲いた赤や白のハツユキカズラの群生が見事です。
玉川八十八カ所4番と東国八十八カ所4番の札所でもあります。

東海三十三観音5番霊場 
神奈川県川崎市川崎市川崎区渡田3-8-1 
詳しくは「川崎で新四国東国八十八カ所巡礼」のページをご参照ください。

4.真言宗 円能院

JR南武線・川崎新町駅南口近辺にあり、北側には小田1丁目中央公園があります。
本堂横に植えられている大きなボケの木が綺麗で、白や薄いピンクの花が開くことには本堂の白の漆喰とのバランスが最高です。
玉川八十八カ所6番と東国八十八カ所5番の札所でもあります。

東海三十三観音6番霊場 
神奈川県川崎市川崎区小田1-25-12 
詳しくは「川崎で新四国東国八十八カ所巡礼」のページをご参照ください。

5.天台宗 石観音

1665年に天台宗明長寺の僧・弁融によって創建されました。
本尊は石造りの如輪観音像で、観音堂の六地蔵尊は昔から近隣の人たちから多くの信仰がされていました。
またこの寺院にはこれら以外にも石造記念物が残されており、1733年に地元の漁師が霊亀に助力してもらい、海中から引き上げたと伝え得られている手水石「霊亀石盥盤」や、1758年に俳人花鳥庵梅動が、朝から夕方まで句を詠みつづけた時の記念碑「梅動独吟万句詠草塚」、1747に俳人茗荷坊の門人六人が、石観音に奉納する句を詠んだ時の記念碑「六人一句碑」と、この3つの石造は近世の民俗・文芸を探るのに貴重なものとされています。
当院は、川崎大師から南へ1km弱、観音町公園の一角にあります。
境内には多くの花木が植えられ、季節によりいろいろな花が咲いているのもこの寺院の見どころの1つです。

東海三十三観音7番霊場 
神奈川県川崎区観音2-16-3

6.真言宗 延命寺

この寺院には昔から伝えられる「地蔵伝説」が残っています。
本尊の地蔵菩薩像は秘仏とされ、ご開帳時期にしか見ることができませが、他にも十王像、倶生神像、鬼卒像などの多くの仏像を所蔵しています。

東海三十三観音15番霊場 
神奈川県川崎市幸区都町4-2 
詳しくは川崎で安産祈願のページをご参照ください。

7.天台宗 明長寺

創建時期は定かではありませんが、静圓法印が文明年間(1469-1487)に創建したと言われています。
国重要文化財である葵梶葉文染分辻ヶ花染小袖を所蔵しています。

東海三十三観音24番霊場 
神奈川県川崎市川崎区大師本町10-22 
詳しくは川崎で川崎の文化財のページをご参照ください。

8.真言宗 真福寺

創建時期は奈良時代で、当時の本尊・薬師如来像は此聖武天皇、孝謙天皇二代の守護佛という由緒あるものです。
江戸時代には薬師如来信仰で大いに栄え、多くの庶民から信仰されていました。

東海三十三観音外霊場 
神奈川県川崎市川崎市川崎区堀之内町11-7 
詳しくは川崎で健康祈願のページをご参照ください。

市民の方お問合せフォーム

お名前必須
郵便番号必須
住所必須
電話番号必須

(例) 00-1234-5678

※携帯電話のみお持ちの方は、携帯電話の番号を入力してください。

FAX番号

(例) 00-1234-5678

パソコンメールアドレス必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

メールアドレス (再入力)必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

お墓資料送付
希望しない希望する
免震資料送付
希望しない希望する
霊園資料送付
希望しない希望する
お問い合せ内容必須