川崎七福神

川崎七福神とは?

shichifuku1.jpg

川崎といえば、是非訪れてもらいたいのが川崎七福神。

川崎七福神は、神奈川県川崎市中原区にある各寺院に古くから安置されている格調高い七福神です。

七福神の名は古来より日本各地に伝わっており、日本人にとって一番なじみ深い神様の1つですよね。

七福神とは?

恵比寿神 

烏帽子をかぶり、右手に釣竿を、左手に鯛を抱えた姿で知られており、その福のある笑顔は「えびす顔」の語源にもなっています。
「因幡の白兎」で有名な出雲の国作りの神である大国主命の御子ともいわれ、昔から海の守り神として有名です。
時代とともに「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす商業や農業の神となり、七福神の中で唯一の日本由来の神様です。

大黒天 

インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神で、大きな袋を担ぎ、右手に槌を持った姿で知られています。
その槌はよく働く人には宝を打ち出す槌として、働かない怠け者には頭を打つ槌となるとの言い伝えがあります。
食物・財福を司る神であり、「大黒柱」の語源ともなっています。

毘沙門天 

元はインドのヒンドゥー教のクベーラ神で、多聞天とも言われ四天王の一人に数えられます。
甲冑を身に纏った勇ましい出で立ちと右手に持った多宝塔が印象的で、その多宝塔で限りない財宝を授けると言われています。

弁財天 

元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神で、七福神で唯一の女神です。
琵琶と宝剣を持った姿で知られており、芸術や商売繁盛の神として有名です。

福禄寿 

宋の道士天南星、または、道教の神で南極星の化身の南極老人と言われ、背が低く、頭が長い風貌が印象的で、頭には経巻が結ばれ、白鶴を伴っています。
福(幸)禄(特)寿(命)、3つの福徳を授ける神様として有名です。

寿老神 

道教の神で南極星の化身の南極老人で、別名、白鬚明神とも言われます。
手に持った杖に結ばれた軸物と一緒にいる牡鹿が人命と長寿を、手に持った桃は不老長寿を示し、長命の神様として有名で、福禄寿と一体とも言われています。

布袋尊 

中国は唐の末期に実在した僧で、大きな袋を背中に抱えて扇子を持ち、半裸体のポッコリと出た大きなお腹が印象的です。
ポッコリと出た大きなお腹は度量の広い太っ腹な心を表しており、寛容と和合、笑いの神様として有名です。

いろいろな福に大きなご利益のある七福神像を祀った川崎の寺院を巡るのが「七福神めぐり」です。

時間とともに変わる川崎の風景を眺めながら、歴史や文化を訪ねながらの「七福神めぐり」は、ここ川崎でしか味わえない特別な時間が満喫出来ること間違いなしです。

七福神めぐりとは?

shichifuku2.jpg

「七福神めぐり」はここ川崎だけでなく、京都、淡路島、せとうち、伊予など多くのところで開催されています。

江戸時代の頃に人気となり、全国へ広まったそうです。

元旦から15日までに期間を「松の内」と呼びますが、この期間は家に神様が滞在している時期と言われています。

ですから神様が滞在している期間に、七福神が祀られている寺院を巡ることで直接神様の加護が受けられ、その年の厄災を回避できると考えられていました。

よって多くの「七福神めぐり」は初詣に合わせて行われることが多いというわけです。

川崎の「七福神めぐり」は初詣時期だけでなく、通年を通して開催されています。

巡る寺院が中原区に集中しており、殆どが、電車やバスの最寄駅から徒歩5分~10分程度でアクセできるので、お年寄りやお子様も無理なく巡ることができます。

また、毎年1月1日~1月7日までの松の内の期間中にはご開帳が行われ、普段は公開されていない七福神像が公開されます。
本物が見たいという人には見逃せない時期ですね。

ご家族揃って巡るのも良し、ちょっとシックなデートを装って恋人同士で巡るのも良しの、川崎散策にはもってこいの楽しみ方の一つとしても人気です。

七福神めぐりの寺院は?

shichifuku3.jpg

1.真言宗豊山派 大楽院

恵比寿神を祀っている寺院で、本尊には十一面観世音菩薩が安置されています。

新丸子駅東口商店街を抜けて真っ直ぐ進むとその突き当たりにあり、川崎七福神と水子供養の赤い旗が立てられているのが目印です。

寺院の創建時期は不明ですが、徳川時代の中期には、境内に本堂と数棟のお堂が建てられ、境外にも数社を管理していたという記録が残っており、かなりの寺格と規模を有していたようです。

七福神の他には、室町時代に制作された、川崎の指定文化財「木造釈迦如来坐像」を始めとして、怖そうな閻魔像が座した閻魔堂、新四国八十八ヶ所お砂踏み霊場や水子地蔵尊、北向観音、恵比寿神など見所がいっぱいです。

所在地 神奈川県川崎市中原区上丸子八幡町1522
電話  044-411-7327

2.真言宗智山派 西明寺

大黒天を祀っている寺院で、本尊には大日如来が安置されています。

南武線・東急東横線「武蔵小杉」から中原街道小杉御殿跡近くまで15分ほど歩くと見える、山門の近代的な仁王像が目印です。

創建時期は不明ですが、弘法大師がその高弟・泰範上人に命じて創建したという説と、北条時頼が創建したという説とがあります。

江戸時代には、隣地に小杉御殿が建立されたのを期に将軍家の崇敬を受けることとなり、朱印状を拝領し、末寺20余ヶ寺を擁した中本寺格の寺院として隆盛を極めました。

七福神の他には石に弁財天が彫られた「出世弁財天」や、北条時頼公の生像、除夜の鐘にも使われる立派な「鐘楼堂」を始めとし、参道と境内には緑がいっぱいで、散歩に訪れる人も多いその景観も魅力です。

所在地 神奈川県川崎市中原区小杉御殿町1-906
電話  044-722-4524

3.真言宗智山派 東樹院

毘沙門天を祀っている寺院で、本尊には不動明王尊が安置されています。

JR南武線・東急東横線「武蔵小杉駅」から、市民ミュージアム経由・中原行きバスに乗り換えて、蔵前で下車後、徒歩1分程のところにあり、鮮やかな朱色の瓦屋根の山門が目印です。

創建時期は不明ですが、天正年間(1573-1592)頃にこの地の豪族だった石井源左衛門が多摩川寄りに中興したと言われており、その後の洪水被災で現在の地に移されたそうです。

七福神の他に、ご本尊である不動明王尊や、弘法大師像、水子供養の子育水子地蔵尊が祀られています。

所在地 神奈川県川崎市中原区宮内1-11-1
電話  044-766-5546

4.真言宗智山派 宝蔵寺

弁財天を祀っている寺院で、本尊には子育地蔵菩薩が安置されています。

JR南武線の武蔵新城駅北口から8分ほど歩き、日本鋼管集合社宅内通路を抜けると、大谷戸小学校前にでます。この学校の前を右手の方に1分ほど歩けば到着です。

1520年に創建され、1606年に武田信玄家臣原美濃守の流れを汲む「原勘解由左衛門勝光」がこの地を大ヶ谷戸と名付け、原氏の祈願所として開基したと言われています。

弁財天像の他にも、開基の原家一族が建立した六地蔵が有名で、境内には弁天様の石像や七福神が勢揃いした石像が可愛らしく佇んでいます。

所在地 神奈川県川崎市中原区上小田中1-4-13
電話  044-766-8627

5.真言宗智山派 安養寺

福禄寿を祀っている寺院で、本尊には大日如来が安置しされています。

JR南武線武蔵新城駅北口から3分程歩くと、西友ストアーが見えてきます。

その右側の通りにそって歩き、左折すると直ぐのところにあります。

白い近代的な感じの本堂が特徴です。

創建時期は不明ですが、1567頃に宥清和尚が開山したと言われています。

建物は大正12年の関東大震災で崩壊してしまった為、鉄筋コンクリートの本堂及び木造の客殿が新築され、所蔵されていた古文書も散逸してしまった為、この寺院の歴史的詳細は明らかでないところが多くあります。

所在地 神奈川県川崎市中原区上新城1-9-5
電話  044-777-0706

6.真言宗智山派 無量寺

寿老神を祀っている寺院で、本尊には阿弥陀如来が安置されています。

南武線平間駅から徒歩10分、市バスの中丸子からなら徒歩2分程のところにあります。

1580年に花山天皇の第3皇子である覚源和尚が創建したと言われ、覚源和尚に帰依した村の郷士・野口七左衛門が野口家の菩提寺としました。

本来の本堂は第2次大戦の戦災で消失してしまい、現在の本堂は昭和29年に再建されたものです。

七福神を祀っている他にも、毎年7月23日に行われる地蔵尊会(お地蔵さんのお祭り)は「枝豆地蔵」とか「子育て地蔵」と呼ばれて多くの参拝者で賑わいます。

所在地 神奈川県川崎市中原区中丸子498
電話  044-411-4184

7.真言宗智山派 大楽寺

布袋尊を祀っている寺院で、本尊には胎蔵界大日如来が安置されています。

臨港バスを利用すれば、石神橋から徒歩1分程、東横線元住吉駅からは15分程で、綱島街道を木月十字路方向へ向かって進み、ここを左折して300m程進んだところにあります。

創建時期は不明ですが、1741年に法印智法が開山したと言われています。

この辺は昔から墓地が多く、川崎大師が近かったため当院で葬儀が多く行われ規模を大きくしていきました。

七福神の他には、寺宝と言えるものはありませんが、450年以上前からの過去帳が歴史的に貴重なものとされ、地蔵堂を始めとした六地蔵や水子地蔵などお地蔵さまが多いのが特徴です。

また、東京から新横浜に向かう途中の新幹線の車窓からも見える総高14mの三重塔も見所の一つです。

所在地 神奈川県川崎市中原区木月4-22-32
電話  044-411-3725

市民の方お問合せフォーム

お名前必須
郵便番号必須
住所必須
電話番号必須

(例) 00-1234-5678

※携帯電話のみお持ちの方は、携帯電話の番号を入力してください。

FAX番号

(例) 00-1234-5678

パソコンメールアドレス必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

メールアドレス (再入力)必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

お墓資料送付
希望しない希望する
免震資料送付
希望しない希望する
霊園資料送付
希望しない希望する
お問い合せ内容必須