川崎の永代供養

『永代供養について』

eitaikuyou1.jpg

永代供養というのは、文字通り寺院や墓の管理者が永代にわたって供養をしてくれる仕組みのことを指します。

そのため、永代供養というのは後継者がいなくて墓守をすることが出来ない方にお勧めできる管理方法となっています。

『名前だけの永代供養がある』

eitaikuyou2.jpg

近年では墓参りをするという人が減っているという統計が上がっています。

核家族化が進行し、仕事も休みを取ることが出来ないから墓参りをすることが出来ず、お墓も実家にあるために上京して仕事をしている人は墓参りをすることが出来ないという方が多いためです。

そのため、納骨をする際に永代供養が出来る寺院で供養をするという方が増えてきているということが挙げられます。

例えば、7回忌や33回忌、50回忌までは寺院で供養をするが、その期間が過ぎてしまうと墓所を返還し、遺骨は合祀墓等へ移されることが一般的です。

永代供養というのは別名で合祀と呼称することもありますが、合祀というのはまとめて供養をし、まとめて管理をするという方法となっています。

永代供養の呼び名としては寺院によって異なり、一般人には分かりにくくなっていることも多いのですが、使われやすい呼称としては、「合祀」「合同墓」「合葬」「共同墓」「集合墓」「合葬式納骨」「永代供養塔」「倶会一処墓」「永代納骨堂」「永代供養廟」「永遠墓」など様々な呼び名が存在します。

これらの他にも様々な呼び名があり、寺院や宗派によって異なると言っても過言ではありません。

しかし重要なポイントとしては、「どのような供養の形にするのか」ということになり、それらの条項については契約書に明記されることになっているので、しっかりと契約書を確認してから供養を依頼するようにした方がいいでしょう。

『永代供養と永代使用は似た言葉だけど、意味が大きく異なる』

eitaikuyou3.jpg

納骨の際によく聞く言葉として永代供養の他に「永代使用」という言葉もあります。

こちらも「永代にわたって使用する」というような意味が込められているような気がしてしまいますが、永代使用というのは永代供養とは大きく異なるものとなっています。

永代使用というのは「墓を使用する権利を購入する」という意味が含められていて、あくまでも権利を購入するだけなので、そこからお墓を使い続けるためには期間ごとに決まった金額を「管理料」としてお布施しなければ使用することが出来ません。

さらに、お墓を建てて檀家となった際には法要や行事の際に寺院にお布施を求められるということになります。

このように、費用の面から見ても永代供養と永代使用では大きく異なるということになります。

『永代供養の起源』

eitaikuyou4.jpg

永代供養の起源というのは、実に江戸時代にまで遡るということになります。

江戸時代の中期には檀家制度が廃止されて、寺院の収入が大きく減少したという事実が残されていて、収入の現象に戸惑った寺院が新しく収入を得るために考案した仕組みが「永代供養」となっています。

永代供養の本来の仕組みとしては「毎月の月命日に少しずつお布施をもらってお墓の管理をしていた」という形から、「お布施を一括で集金する」という仕組みに変わったことを指していましたが、昨今の考え方としては「お墓参りをすることが難しく墓守が出来ない人のために考案された仕組み」というような捉え方をされているのが特徴的です。

『近年になって、永代供養を希望される人が増えている理由』

eitaikuyou5.jpg

近年では供養をする際に永代供養を希望される方がとても多くなっています。

その理由として一番に挙げられるのが「墓に関する費用の高騰」です。

墓を建てるということになると、お墓の土地の費用や墓石の費用、さらに毎日管理してもらう管理料など様々な費用が発生するということになります。

相場によっても異なりますが、少なく見積もっても数百万円単位で費用が発生することになるので、不況に喘いでいる一般家庭の経済状況を鑑みて、永代供養を希望される方が多くなっているというのがひとつの理由です。

それでは、お墓に関する費用が高騰している理由としては、「土地代の高騰」ということが挙げられます。

近年の日本は少子高齢化社会となっていて、後期高齢者が最も多い国の一つに挙げられていますが、核家族化が進行し、実家に帰らないという人も増えてきているために、自分が亡くなった時には新たに墓を建てるという人が多いです。

そうするとどうしても墓を建てる土地不足となってしまい、墓を建てるために土地の費用が高騰するという現象が生まれてしまいます。

そのため、墓を建てたくても建てられず、合葬式で納骨をしてくれる永代供養を選択するという方が多くなっているということになります。

供養にかかる費用を数十年単位で考えてみると、永代供養という方法は費用を最も低く抑える供養として考えられています。

そのため、永代供養を選択される方が年々増加しているのがポイントとなっています。

市民の方お問合せフォーム

お名前必須
郵便番号必須
住所必須
電話番号必須

(例) 00-1234-5678

※携帯電話のみお持ちの方は、携帯電話の番号を入力してください。

FAX番号

(例) 00-1234-5678

パソコンメールアドレス必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

メールアドレス (再入力)必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

お墓資料送付
希望しない希望する
免震資料送付
希望しない希望する
霊園資料送付
希望しない希望する
お問い合せ内容必須