改葬の事例(お墓の引っ越し、移動、墓じまい)

お問い合わせフォーム

1.【改葬・お墓の引っ越し】八王子霊園(都営霊園)→青山霊園(都営霊園)

八王子霊園(都営霊園) → 青山霊園(都営霊園)

原則、都営霊園を使用している場合、他の都営霊園に応募することは出来ません。
ただし、八柱霊園、青山霊園、谷中霊園、多磨霊園みたま堂、合葬埋蔵施設(樹林型及び樹木型含む)は、現在使用中の施設を使用許可日から180日以内に原状回復の上返還することを条件に、申込むことができます。
なお、現在合葬埋蔵施設を使用している方が、当該施設の使用許可を受けていない別の遺骨で新たに合葬埋蔵施設(樹林型及び樹木型含む)を申込む場合は、現在使用している施設返還の必要はありません。
また、多磨霊園、小平霊園の一般埋蔵施設、小平霊園の小型芝生埋蔵施設、八王子霊園の芝生埋蔵施設は、改葬する遺骨では申込めません。その他の霊園は改葬する遺骨でも申込むことができます。
なお、この他の申込資格についても必ず「申込のしおり」にてご確認ください。

改装許可申請書

2.【改葬・お墓の引っ越し】埼玉県入間市:長泉寺(寺院)→神奈川県川崎市:S寺(寺院)

埼玉県入間市:長泉寺(寺院) → 神奈川県川崎市:S寺(寺院)

寺院から寺院への改葬では、宗派の違いによっては受け入れ先の寺院で戒名をつけ直す必要が出てくることがありますので確認が必要です。
また、寺院の場合には元の寺院には事前に相談をしておくことが、余計なトラブルを避けることにもつながります。
寺院によっては、檀家を辞めるときに離檀料を求められる場合もあります。寺院に限りませんが、元のお墓は撤去し更地の状態にしてから返還することになります。

改装許可申請書

3.【改葬・お墓の引っ越し】神奈川県川崎市:S寺(寺院)→青山霊園(都営霊園)

S寺(寺院) → 青山霊園(都営霊園)

寺院で使用していた墓石を霊園に移設する時には、霊園毎に決まっている規定の寸法に合わせる必要が出来ますので、場合によっては加工が必要になることがあります。

4.【改葬・お墓の引っ越し】緑ヶ丘霊園(川崎市営霊園)→神奈川県川崎市:J寺(寺院)

緑ヶ丘霊園(川崎市営霊園) → 神奈川県川崎市:J寺(寺院)

市営霊園から家の近くの寺院へ改葬することは比較的ある事例です。
市営の安心感で墓地を求めたけれど、霊園が遠く、敷地も広いため車がないとお参りが大変なため、高齢になってくると1人ではお参りに行けなくなったために、家から近い寺院に墓地を求められる方がいらっしゃいます。川崎の寺院ですと、市営霊園に比べて墓地の広さは小さくなりますが、お手入れのことを考えると調度良い大きさなのかもしれません。

お問い合わせフォーム

市民の方お問合せフォーム

お名前必須
郵便番号必須
住所必須
電話番号必須

(例) 00-1234-5678

※携帯電話のみお持ちの方は、携帯電話の番号を入力してください。

FAX番号

(例) 00-1234-5678

パソコンメールアドレス必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

メールアドレス (再入力)必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

お墓資料送付
希望しない希望する
免震資料送付
希望しない希望する
霊園資料送付
希望しない希望する
お問い合せ内容必須