川崎で安産祈願

anzan6.jpg

妊婦が妊娠5か月に入った最初の戌(いぬ)の日に、安産を祈願して神社や寺院にお詣りをするのが安産祈願ですが、これは日本に古くから伝わる伝統的な風習で、七五三と共に、現在も廃れることなくとり行われています。

しかし、近年増加する核家族化によって、知識に長けた人が周りから消えてしまったこともあり、いざ安産祈願!といった時にどうしていいのか分からないという若い夫婦も多いようです。

どこで祈願すればいいのか、何を用意すればいいのか、そして、いつ行けばいいのかさえ分からないという方も少なくありません。

おそらく安産祈願という言葉は当然知っているけど、詳しく聞かれるとあやふやになってしまう方が殆どでしょう。

そこでこの何となくしか分かっていない安産祈願の知識を深めて、ちゃんとご利益を得ていただくように、安産祈願について少し説明していくことにしましょう。

何で戌の日?

anzan1.jpg

安産祈願は妊婦が妊娠5か月に入った最初の戌(いぬ)の日にとり行うのがいいとされていますが、この戌の日が選ばれているのには、ちゃんとした理由があります。

犬はたくさんの子を産み、お産が軽いことで知られています。

そのこともあって、昔から犬は安産の守り神として人々に親しまれてきました。

ですからこの犬の恩恵にあずかる為に、安産祈願には戌の日が良いとされているのです。

戌は干支でいえば11番目に当たります。

ですから戌の日は12日に1度巡って来る日のことを指し、月に2回ほどあるその日に合わせて安産祈願が行われるのです。

有名な神社や寺院で、とりとめて何でもない平日に妊婦を連れ立った家族連れの集団を見かけたことはありませんか?

それがまさしく安産祈願に訪れた人たちなのです。

今では「妊娠5か月に入った最初の戌(いぬ)の日」にこだわらずに安産祈願に訪れる人たちも多くなったので、毎日安産祈願のご祈祷を行っている神社や寺院も多くなり、いつ行くかについては決まりが無くなってきたようです。

それでもやはり、戌の日に合わせて訪れる人たちの方が多いようで、その日の神社や寺院は多くの家族連れで込み合っています。

腹帯って何?

anzan2.jpg

腹帯はさらし布のことで、岩田帯という名称でも呼ばれています。

何で腹帯が必要なのかというと、それは今のように妊婦帯やマタニティガードルなんて無かった時代に、妊婦の安全を考えて付けられていたもので、次の2つの効果が挙げられます。

1つは、大きくなったお腹を固定することで、お腹が動かないようになってバランスが取りやすくなり、赤ちゃんへの衝撃を和らげることができます。

そしてもう1つは、お腹まわりの冷え予防です。

女性は特に冷え性の方が多いのですが、妊娠中は体の各部によって体温差が出やすくなり、特に下半身やお腹が冷えることが多くなります。

お腹が冷えれば赤ちゃんへの悪影響が考えられるので、それを未然に防いでくれるというわけです。

安産祈願の際に腹帯を一緒に持っていくのには、この大事な帯に対しての「帯祝い」の意味合いが大きい為です。

昔は安産祈願に合わせて妊婦さんの実家から腹帯が送られてくることが多かったのですが、最近は安産祈願をする神社や寺院で販売されていることが多く、妊婦が自ら購入することも少なくありません。

そして出産後の腹帯は大変おめでたいものとされてるので、昔は赤ちゃんの肌着として使用されていました。

しかし、今はそんな使い方をする人はいないので、どうしていいのか考えてしまうところでしょう。

そのまま記念として持っているのも良いのですが、お守りと共に焚き上げしてもらうことも可能ですので、処分に困るという人は安産祈願をした先へ持って行くようにしてください。

参詣時の作法は?

anzan3.jpg

もちろん祈祷先で教えてもらうことは可能ですが、取り敢えずここでは一般的な作法を説明しておくことにしましょう。

  • 山門に付いたら門前で合掌し、一礼してから境内に入る。
  • 境内の水屋で手を洗い、口をすすいで身と心を清めましょう。
  • 鐘を二度つく(禁止しているところも多いので、可能な場合のみ)
  • 申し込み先へ行って申し込み作業を行い、初穂料を支払います。
  • 自分の順番がきたら、本堂へ上ります。
  • 続いてご祈祷が行われます。
  • 腹帯、お守り等の授与品の受け渡しが行われます。

これで終了です。

これはあくまでも基本的な作法ですから、祈祷時の作法は寺院によって違ってくることもあります。

しかし、申し込みまでは全ての寺院の参詣作法の基本なので同じです。

また時間は10分ぐらいですが、椅子に座った方が楽な方は事前に問い合わせ、無い場合は携帯のものを持参できるかどうかも確認してください。

お礼参り

anzan4.jpg

無事出産が終わったら、お礼参りを忘れないようにしてください。

このお礼参りをするのを忘れる方がいるようですが、祈願したことが叶ったのですから、お礼参りは必要です。

以降の出産のことも考えて、欠かさないようにしましょう。

しかし出産後は何かと忙しくなるので、急いで行く必要はありません。

お礼参り時にはお子様の健やかな成長も合わせて祈祷してくれるので、子供の初参りに合わせて行うのでも大丈夫です。

川崎の安産祈願先

anzan5.jpg

1.天台宗 延命寺

当初は三囲神社の別当寺として創建されましたが、明治の神仏分離政策により三囲神社と分離し、関東大震災で被災した後、現在の地に移転されました。
この寺院には、鼻取地蔵とか田植地蔵と呼ばれる伝説が伝えられています。

昔、この地の里長の家には言うことを聞かない馬がおり、田植えを手伝わそうとしても頑として動かず、里長も困っていました。
するとその場に地蔵小僧が現れ、馬の手綱をとると、不思議なことに馬は言うことを聞いておとなしく働き出したそうです。
その翌日、延命寺の僧が本尊の地蔵を見ると足元に泥が付いているので、不思議に思って里人たちに尋ねると先日の話を聞かされ、里長の前に現れた地蔵小僧が本尊であることに気付いたそうです。
それ以来、この地蔵は鼻取地蔵、もしくは田植地蔵と呼ばれるようになりました。
「かながわのむかしばなし50選」に選定

この伝説は広く伝わり、青森や岩手地方からも多くの馬方や農民が参詣されるようになりました。

現在、残念なことにこの地蔵菩薩像は、秘仏として公開されておらず、ご開帳される時期にしか見ることができません。

その他にも、十王信仰に深くかかわる十王像、倶生神像、鬼卒像などの仏像があり、地蔵も子供の守護仏として民間で広く信仰されるようになり、現在も多くの人が安産祈願に訪れています。
神奈川県川崎市高津区上作延204


市民の方お問合せフォーム

お名前必須
郵便番号必須
住所必須
電話番号必須

(例) 00-1234-5678

※携帯電話のみお持ちの方は、携帯電話の番号を入力してください。

FAX番号

(例) 00-1234-5678

パソコンメールアドレス必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

メールアドレス (再入力)必須

(例) aaaaa@yahoo.co.jp

お墓資料送付
希望しない希望する
免震資料送付
希望しない希望する
霊園資料送付
希望しない希望する
お問い合せ内容必須